高校 近況報告

〜 共にLearner、常にChallenger 〜

 2016年度より学校暦を大幅に見直し、入学式を例年よりも早い4月4日としました。新入生334人が入学をし、翌日から2泊3日でオリエンテーション合宿を行いました。場所はヒルトン小田原リゾートで、ここは設備が整っており、外国人も多く宿泊する立派なホテルです。開講式・ガイダンスを1年生全員で行い、その後クラスごとにHRを行い親睦を深め、校歌の練習をしました。最終日には東海大学より講師を招いてメンタルトレーニングを実施し盛り上がりました。とても充実した3日間となり、生徒達は友達も直ぐにでき、学校のことが色々と分かり不安なく高校生活がスタートできたことと思います。

 最近、工学院高校は最終下校時間を18時に繰り上げました。この事により部活動の時間が今までより短くなりましたが、その分それぞれの部が時間を有効に活用することを心がけ、より集中して部活に取り組むようになったようです。その結果、都大会への出場を決めた部もあります。
また、夢工祭(文化祭)も昨年度までは準備に2日、片付けに1日時間をとっていましたが、今年度からは準備は1日、片付けは2日目終了後の夕方に行うことにしました。生徒達は自分達自身のスケジュールを考え、工夫して放課後や休日に準備をしていました。そのような状況でも従来どおりの内容で展示発表や運営をしたことは立派だと思います。

 めまぐるしく状況が変わり、多忙になるこれからの時代・社会において、このような「限られた時間の中で、時間をいかに無駄にしないで有効に使うか」を考えながら物事を行う経験は、生徒達にとって様々な場面で活かされることと思います。

 「時間がないから出来ない」ではなく、「限られた時間の中でどのようにして物事を成し遂げるか?」。生徒達にはどんなことにも諦めずにChallengeする精神をしっかりと身に付けて社会へ旅立ってほしいです。

 本校は、生徒も教員も共にLearner、常にChallengerです。