会長 ごあいさつ 

工学院大学附属高等学校同窓会
会長 若林 勝司
(1968年 普通科卒)

イグアナから学ぶ地球環境

 工学院大学附属高等学校同窓会に、ご支援、ご協力をいただきまして心から感謝申し上げます。

 私の自宅には爬虫類のイグアナのペアーを、ペットとして飼っています。自宅の居間に高さ180センチの温室用ゲージの中には、大きな枝木が入っていて上り下りができるようになっています。購入したときは20センチ位で、現在は150センチに成長しました。

 餌は、小松菜、キュウリ、バナナ、パンなどが好物です。スーパーで買った小松菜やキュウリを与えるとペロと舐めます。しかしイグアナは食べません。次にコンビニで販売しているパンを与えますと食べないことがあります。地元のベーカリーで本日分しか製造販売していないパンを与えると食べるのです。

 農薬や防腐剤、着色剤、甘味料などが入っていると食べないことがあります。イグアナは数億年前から現在まで生き残れた爬虫類の一種です。地球環境に敏感で適応力にも優れているので生き残れているように思います。

 私たち人類もイグアナから学び、何事にも少しの我慢と少しの努力を惜しまず、地球環境にやさしい生活を取り戻しをしいただきたいと思います。

 結びに、会員の皆様、御父母、教職員の皆様におかれましては校友会、PTA、同窓会と連携を保ちながら学生、生徒のために、なお一層のお力添えをお願い申し上げまして会長挨拶といたします。