校長 ごあいさつ

 2021年4月に校長を拝命した、中野由章です。私は、芝浦工業大学大学院を修了後、日本 IBM 大和研究所、三重県立高校、千里金蘭大学、大阪電気通信大学、神戸市立高校で奉職し、この度、本校に着任いたしました。輝かしい歴史と実績のあるこの素晴らしい学校を引き継ぎ、発展させていく責任の重大さに、身の引き締まる思いです。

 本校は、国内外の高等教育機関や国際機関、国の機関、研究機関、地元八王子市、企業・経済団体等の関係機関との連携・協働により、SDGsの実現や Society 5.0の到来に伴う諸課題に対応するために、学際的・複合的な学問分野や新たな学問領域に即した最先端の特色・魅力ある探究的な学びに取り組んできました。また、ICT教育には特に力を入れてきました。その成果 の一端として、2020年度のコロナ禍においても、生徒のみなさんの学びを止めることなく、円滑にリモート授業を実施できました。これらの取り組みは、ICT 教育に力を入れている学校で第1位、グローバル教育や理数教育でもベスト10 にランキングされるなど、外部からも高い評価をいただいています。※

 今年度から、他校では決してできないような特徴のある学びであるK-STEAMを推進します。このK-STEAMとは「グローバル・リベラルアーツと数理情報工学を融合した、工学院らしい先進的教育」のことです。そのために、Make R∞mやFabスペースといった、創造的な学びの環境をより一層充実させま す。また、本校最大の強みは、工学院大学の附属学校として、大学の八王子キャンパスに隣接しているという点です。大学の附属学校は珍しくありませんが、大学に隣接しているところは そう多くありません。このメリットを最大限に活かし、大学の 施設・設備の利用にとどまらず、総合的・包括的に連携してさまざまな教育活動を展開してまいります。中学・高校時代に最先端の数理情報工学に触れることは、将来の進路が理工系であるか否かに関わらず、生徒のみなさんの能力を大きく育てることになると確信しています。

 本校の校訓は、「挑戦・創造・貢献」です。すなわち、自ら考えて失敗を恐れず積極的に挑戦し、仲間と連携して新しい価値を創造し、人間性豊かな社会の構築へ主体的に貢献することをめざしています。これは、生徒のみなさんに限らず、我々教職員も同様です。常に、教育内容の改善に努め、生徒のみなさんの成長をしっかりサポートすることをお約束します。そのためにも、生徒、保護者、卒業生、地域のみなさまからさまざまなご意見を賜りたいと考えています。今後とも、本校の発展に格別のご支援をよろしくお願い申し上げます。

※プレジデントFamily 2021 春号 「新時代の学校選び中高一貫校 ランキング」 https://presidentstore.jp/category/MAGAZINE03/092104.html